基本的に暇人です。


by drumgirl

カテゴリ:読( 6 )

2冊

最近読んでた本2冊。
借りたやつだけど、時間がなくてなかなか読めなかった。
おもしろかったので読みだしてからは早かったけど。
*****
4TEEN
石田 衣良 / / 新潮社
ISBN : 4101250510
スコア選択: ※※※※※
これめちゃくちゃおもしろかった。
14歳の危うい感じとか、まっすぐな青い感じとかありありと浮かんでくる。
基本的に一話簡潔の連載っぽくなっていて、
いろんな出来事がテンポ良い語り口でぐいぐい進んでいく。

おもに4人の男の子たちが主役なんだけど、これがいいこと言うんだわー
グッときます。
日常を送っていくなかでいろいろあって、成長していって、
たぶん何年後かには4人一緒にはいないかもしれないんだけれど、
それでもこの時期の輝きがうまく表現できていると思う。
男の子っていいなーと思った。

夏と花火と私の死体
乙一 / / 集英社
スコア選択: ★★★★
初めて読んだ乙一。おもしろかったー
でもこれ16歳くらいで書いたんだってね。びっくり。
話の流れも展開も発想もすごく上手い。
あと読ませるのも上手い。あっという間に読んじゃった。
ただひとつオチはいまいちだったけど、でもそれは許容範囲です。
登場人物のドキドキ感がすごく伝わってきた。

もう一つの話はいまいち。
乙一の本をもっと読んでみたくなった。
[PR]
by drumgirl | 2007-04-12 23:54 |

最近読んだ本たち

占星術殺人事件
島田 荘司 / / 講談社
スコア選択: ★★★

ちょっと長くてまわりくどいかも。
最後の種明かしで「あぁ…」てなった。
つーか、金田一少年のバカ!トリック丸ごとパクるなよー
もし何も知らずに読んだらすごい驚いたと思うけど、
「どっかで見たことあるな」と思って感動が薄れてしまったよ。
ネットで調べたら、分かる人は最初でオチが分かってしまったらしい。
漫画と小説は読者がかぶらないと思ったんだろうか。
金田一少年はちっちゃい頃よく読んでたけど、ちょっと興ざめ。
まぁ占星術殺人の場合は人数も多いし、小説より漫画の方が分かりやすいけど。


重力ピエロ
伊坂 幸太郎 / / 新潮社
スコア選択: ★★★★★

すーごいおもしろかった!
展開も「どうなるんだろ?」てワクワクしながら読めるし、
なにより最初の一文と最後の一文にやられる。こうくるか!
話の内容もいろいろ考えさせられる。
ちょっとヒントが多いかなーと思ったけども。
お父さんの言葉がすごく素敵で、兄弟の関係も素敵だった。


娼年
石田 衣良 / / 集英社
スコア選択: ★★★★★

これもおもしろかった!!
ちょっとエロティックな感じだけど、重要なのはそれ以外。
単純な人間関係にも通じる話。
人との関わり方を考えさせられる。
物語の終わり方が新鮮だった。
どっちに進んでも終われる話だから、この道を選択したことに驚き。
[PR]
by drumgirl | 2007-03-28 23:26 |

余韻を楽しんでます

本屋さんで見つけて、ものすごい自然な流れで速攻レジへ持って行った本。
H (エイチ) 2007年 03月号 [雑誌]
/ ロッキング・オン
ISBN : B000NIVM0G
スコア選択:

林檎さんだし、さくらん特集だし。そりゃ買うわ。
でも実は今の林檎さんの髪型はあんまり好きじゃないんだな。
インタビューを読んで、今後の事変が楽しみになった。
いろいろ吹っ切れた林檎さんが作る音楽が待ち遠しい。

蜷川さんのインタビューを読んで、もっかい映画見たくなった。
小道具とかセットとか着物とか、チェックすべき箇所が多いことに気付いたので。
わたしはやっぱり着物が好きだから「映画のために着物を全部作った」とか
「蜷川さんの写真をプリントした着物がある」とか、そういう話を読むとテンション上がった。

そういえば映画を見た時に、花魁が部屋をうろうろ歩くシーンで着物の裾を踏んでしまってる
ところがあって、もうちょっと所作を綺麗にして欲しかったなぁと思った。
まぁ裾すごい長いし大変だろうけども。
なんかもったいないじゃない。


あとカメラの本も久しぶりに買ってみた。
勢いであんまり中身をチェックせずに買ってしまったので、ちょっと後悔。
思っていたのと内容が違ったので。(値段も高かったしね…)
でもやっぱり本を読むと、写真撮りたい気持ちが強くなる。
もっと日常的に写真を撮る習慣をつけたいな。
「撮るぞ!」て感じで構えてしまうから。
[PR]
by drumgirl | 2007-03-15 23:56 |
仮面山荘殺人事件
東野 圭吾 / / 講談社
ISBN : 4061859668
スコア選択: ※※※

また借りた本。
やっぱ東野圭吾はおもしろいわー
オチは分からなかったけど、怪しい人は想像通りだった。
まぁそんなことは関係ないくらい、ぐいぐい読ませる感じはさすが。
ちょっと理屈っぽい所や説明しすぎる所とドンデン返しがいかにもっていう所は残念。
でも基本的におもしろかったです。

わたしはミステリーばっか読んでる子なので、
「犯人は誰だ!」ということばっかり考えて読んでる。
いっぱい読んでると、たいがいの犯人は当てられるようになる気がする。
(思い切り外す場合もあるけど)

あとドンデン返し的なものがないとやっぱり寂しい。
つーかむしろ「おいっ!」って本を投げ出したくなる。

犯人の動機や推理の巧みさやその他もろもろチェックポイントは多いかもしれないな。
納得行く話じゃないと引き込まれない。

でもたまにそういうのは外してても面白い本があるからやめられない。
[PR]
by drumgirl | 2007-02-27 23:32 |

最近読んだ本たち

長い長い殺人
宮部 みゆき / / 光文社
スコア選択: ★★★★

彼に借りた本。
「宮部みゆきはおもしろいよ」と言ったら古本屋で買ってきたらしい。
気に入ってもらえてよかったよかった。
で、わたしは読んだことある気がしたけどもっかい読んでみた。
うーん、やっぱりおもしろかった!
各人のサイフが物語るんだけど、その視点が新鮮だし
物語的にもぐいぐい引き込まれる。
ちょっと模倣犯っぽい動機だなと思ったりもした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
十字屋敷のピエロ
東野 圭吾 / / 講談社
スコア選択: ★★★

彼おすすめの東野圭吾。
借りた冊数はだいぶ増えたな。
これもおもしろかったー
時折はさまれるピエロの視点がおもしろい。
でもこの話は、読んでるだけで犯人を見つけるのは無理だな。
何が嘘で何が本当か見分けるのが難しい。
流れ的にはテンポ良いし、結末まであっという間でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日また2冊持って帰ってきたから、ゆっくり読むことにしよう。
この週末はまた大阪へ行ってきて、彼の誕生日を祝ってきた。
コース料理を予約するとか初めてやったけど、
なかなかいいもんだなと思う。
特別な感じがステキです。
なにより喜んでもらえてよかった。

あと先週に引き続き、彼の手料理が美味しすぎて困ります。
たくさん食べさせてもらったのでブクブク肥えています。
次に会うまでにダイエットせねば。
[PR]
by drumgirl | 2007-02-19 00:46 |

『ηなのに夢のよう』

ηなのに夢のよう
森 博嗣 / / 講談社
スコア選択: ★★★

また出ました森さんのGシリーズ。ηはイータと読みます。
今回も抽象的といったらいいのか、謎な部分が多かった。
(しかもその謎は全部解かれるかと言ったらそうでもない…)
つーかこの本に関しては、事件とかミステリとかどうでもいい。
今までのS&Mシリーズ・Vシリーズを読んできた読者のためのサービスの本だわ。
いろんな伏線が絡み合って、「これが森博嗣作品の醍醐味だな!」と勝手に思ってる。

それにしてもGシリーズの主役だと思ってた3人は脇役になってる気がするなぁ。
今回なんて謎を解いたの紅子さんだし。
あとやっぱりどこまでいっても四季さんが関わってくる。
世界はすべて天才(四季)が作ってるのかもしれないなぁ。


ネットでいろいろ見ていたら、昔の短編集『レタス・フライ』での
謎が分かって「ギャー!」てなった。
(「刀之津診療所の怪」のお話)
(あの人が実はあの人!みたいな森作品にはよくあるネタ)

リアルタイムで本を読んだときには全く分からなかったけど、
それを頭に入れて読むと「あぁ。あぁ!」てなる。
本当に伏線が多いわ。多すぎて忘れてるもんね。

前にも一度、森作品を全部読み返したけど、またそれをやりたくなった。
[PR]
by drumgirl | 2007-02-02 23:45 |